用語集<は行> ふ

ファイアウォール   ファイナンスリース   ファミリーブランド   ファンクションポイント法   フールプルーフ
フェールセーフ   フェールソフト   フォーマット   フォールトトレランス   フォールトトレラント
フォールトトレラント技術   フォールトトレラントシステム   フォローアップ   フォンノイマン ボトルネック
負荷分散装置   複合オブジェクト   不正競争防止法   物理層   プライオリティインヘリタンス
プライバシーマーク制度   フラグ同期方式   フラグメンテーション   フラグメント   プラズマディスプレイ
ブラックボックステスト   ブランドエクステンション   ブランド提携戦略   フリーキャッシュフロー   プリエンプション
プリエンプティブ方式   ブリッジ   プリページング   フールプルーフ   フレームリレー
フレームリレー交換機   プレゼンテーション層   プロキシサーバ   プログラミングツール   プログラム検証
プログラム構造図   プロジェクト組織   プロセスモデル   フロッピーディスク   プロトタイピング
プロトタイプレビュー   分散システムの設計



■ファイアウォール(Fire Wall)     分野:6-1-1
インターネット上からのファイル転送を禁止できる  (SM14-44-ア)

アプリケーションゲートウェイ方式では,アプリケーション固有のアクセス制御を実施するので,アプリケーションのプロトコルごとにゲートウェイ機能の設定が必要である  (AU15-14-ア)


■ファイナンスリース     分野:7-2-2
購入に伴う一時的な多額な資金流出はないが,リース料には金利分が上乗せされるのが一般的である  (SD13-40-ア)


■ファミリーブランド     分野:7-1-1
実績のある商品を中核にシリーズ商品を導入し,同一ブランド名で品ぞろえを豊富にする戦略  (CM15-39-イ)


■ファンクションポイント法     分野:3-1-7
入出力データ,ファイルなどのデータ要素と処理の複雑さによる重み付けから得られるデータに基づいて,ソフトウェアの開発規模を見積もる  (SD15-18-ウ)

考慮しながらソフトウェアの規模を見積もるモデルである  (SM13-19-ウ)


■フールプルーフ     分野:2-3-3
不特定多数の人が操作しても,誤動作が起こりにくいように設計する  (SS13-05-エ)


■フェールセーフ     分野:2-3-3
システムが誤動作をしたときでも,常に安全側にシステムを制御する  (SS13-05-ア)

システムのサービスを順次,安全に停止すること  (CM14-06-イ)

暴走を避け,安全に運転を中止すること  (CM14-06-エ)


■フェールソフト     分野:2-3-3
システムの機能に異常が発生したときに,すぐにシステムを停止しないで機能を縮小させて運用を継続する  (SS13-05-イ)

性能の低下を許しても,処理を継続すること  (CM14-06-ウ)


■フォーマット     分野:2-2-2
磁気ディスクに,データを記録するための領域と,それを管理するための領域を作成するの  (CM15-02-ア)


■フォールトトレランス     分野:2-3-3
システムを構成する重要部品を多重化して故障に備える技術である  (SW15-38-エ)


■フォールトトレラント     分野:2-3-3,3-2-2
システムを構成するコンポーネントのうち,信頼性に大きく影響するものを複数備え,システムの信頼性を高める  (SS13-05-ウ)

電源やハードディスクなどを二重化し,故障時は縮退運転して故障装置を交換する  (SD14-21-エ)


■フォールトトレラント技術     分野:2-3-3
従来から使われているフォールトトレラント技術の例として,システム全体を冗長構成にして二重化する方式がある  (SM14-11-ア)


■フォールトトレラントシステム     分野:2-3-1
一つのコンピュータ装置に,プロセッサ,メモリ,チャネル,電源系などを二重に用意しておき,それぞれの装置で片方に障害が発生した場合でも,処理を継続する  (SW13-32-エ)


■フォローアップ     分野:8-1-1
監査報告書で指摘した改善勧告の実施状況をシステム監査人が把握し,改善を促進させること  (AU15-46-イ)


■フォンノイマン ボトルネック(Von NeuMan)     分野:2-1-6
プログラムの命令を順番に CPU に取り込んで実行する方式のコンピュータの性能向上を妨げる要因  (DB15-02-ウ)


■負荷分散装置     分野:4-1-4
経路が複数存在する場合,アプリケーションやアドレスごとに経路を振り分けて,負荷を分散する  (NW14-42-ウ)


■複合オブジェクト     分野:3-1-5
あるオブジェクトが複数のオブジェクトから構成される仕組み  (SW14-48-ア)


■不正競争防止法     分野:7-5-2
企業の経営計画や経営方針又は各店舗ごとの売上や顧客情報などの営業秘密に当たる情報を保護するために,企業とその情報に触れる者との間で秘密保持契約を締結する必要がある  (SD14-49-エ)


■物理層     分野:4-1-1
ビットの伝送を行うために,物理コネクションを活性化,維持,非活性化する機能を提供する  (SW14-63-イ)


■プライオリティインヘリタンス     分野:2-4-2
優先順位の高いタスクが優先順位の低いタスクの終了を待っている場合,優先順位の低いタスクの優先順位を一時的に高くして実行する=優先度継承  (SW13-26-エ)


■プライバシーマーク制度     分野:6-1-3
事業者が,個人情報の取扱いを適切に行う体制などを整備していることを認定する制度  (SS14-32-エ)


■フラグ同期方式     分野:4-1-1
HDLC 手順で採用されている同期方式であり,特定のビットパターン“01111110”によって,送信側と受信側の間で伝送ブロックの開始と終了の同期をとる方式  (NW12-15-エ)


■フラグメンテーション     分野:2-2-1
可変長メモリ管理方式において,メモリの獲得と解放を繰り返すうちに小さな空き領域が数多く発生する現象  (SM14-04-エ)


■フラグメント     分野:4-1-1
TCP/IP では,フラグメント化の禁止を選択できる  (NW12-21-ア)


■プラズマディスプレイ     分野:2-1-5
ネオン管のように放電によって発光するセルを利用し,コントラストが高く,広い視野が得られる薄型の表示装置  (SW13-24-エ)


■ブラックボックステスト     分野:3-1-6
入力データを同値分割法に基づいて分析し,テストデータを作成する。プログラムの機能に基づいてテストデータを作成する。プログラムの入力と出力の関係に基づいてテストデータを作成する  (SW13-52-ア,ウ,エ)

被テストプログラムに冗長なコードがあっても検出できない  (SW15-51-イ)


■ブランドエクステンション     分野:7-1-1
現行商品とは異なるカテゴリに,同一ブランド名で参入する戦略  (CM15-39-ア)


■ブランド提携戦略     分野:7-1-1
他社ブランドと提携し,自社商品のブランド力を高める戦略  (CM15-39-ウ)


■フリーキャッシュフロー     分野:7-1-1
フリーキャッシュフローを大きくするためには,キャッシュを生まない事業や資産の見直しを行い,経営の効率を改善することが重要である  (SD15-40-エ)


■プリエンプション     分野:2-2-1
実行中のタスクよりも優先順位の高いタスクが実行可能状態になった場合,実行中のタスクを中断してその優先順位の高いタスクを実行する  (SW13-26-ウ)


■プリエンプティブ方式     分野:2-2-1
プリエンプティブ方式を実現するには,OSがプロセスを強制的に切り替えて実行する機構が必要になる  (DB15-05-エ)


■ブリッジ     分野:2-1-5,4-1-4
複数のLAN をOSI 基本参照モデルの第2層(データリンク層)で接続し,MACアドレスによるパケットのフィルタリングを行う  (CM14-02-イ)

複数の LAN を接続するために用いる装置で,データリンク層以下のプロトコルに基づいてデータの受渡しをする装置  (SW13-68-イ)

CSMA/CD 方式のLAN で使用されるスイッチングハブ(レイヤ2スイッチ)は,フレームの蓄積機能,速度変換機能や交換機能をもっている。このようなスイッチングハブと同等の機能をもち,同じ階層で動作する装置  (NW15-42-イ)


■プリページング     分野:2-2-1
プログラムの実行に際して,必要となりそうなページの集合を前もってまとめて主記憶に読み込む  (SW15-24-エ)


■フールプルーフ     分野:2-3-3
メニュー画面上の不適切な項目は,選択できないようにする  (SW15-50-ウ)

不特定多数の人が使用するプログラムには,自分だけが使用するプログラムに比べて,より多くのデータチェックの機能を組み込む。プログラムを使用するときの前提条件を文書に書いておくだけでなく,その前提を満たしていないデータが実際に入力されたときは,エラーメッセージを表示するようにプログラムを作る  (SW13-53-ア)

■フレームリレー     分野:4-1-2
パケット交換のプロトコルを簡略化することによって,通信の高速化を図ったものである  (NW12-19-ウ)


■フレームリレー交換機     分野:4-1-2
フレームと呼ばれる単位に区切られたデータを交換する。交換機では伝送エラーに対する再送を行わないので,ネットワーク内の処理を高速化することができる  (SW14-65-エ)


■プレゼンテーション層     分野:4-1-1
利用者に対して,共通の情報表現形式に関する機能を提供する  (SW14-63-エ)


■プロキシサーバ     分野:4-1-4
内部ネットワークのクライアントが,外部のサーバと通信する場合,中継役となりクライアントの代わりにサーバヘ接続する  (SS13-20-ウ)


■プログラミングツール     分野:3-1-3
デバッグ時にデータ構造の内容を確認するためのツールを,インスペクタという  (SW14-44-ア)


■プログラム検証     分野:3-1-4
集合論などの数学的な体系を基礎として,ソフトウェアの機能の正当性を証明する  (SW13-47-イ)


■プログラム構造図     分野:3-1-5
階層構造の形でプログラムの全体構造を記述する  (SW13-48-ア)


■プロジェクト組織     分野:7-1-1
特定の課題のもとに各部門から専門家を集めて編成し,課題が解決すると解散する一時的かつ柔軟な組織  (CM13-38-ウ)


■プロセスモデル     分野:3-1-4
ウォータフォールモデルは,開発を上流から下流に一方向に進めるので,上流工程で紛れ込んだ誤りが後工程まで検出できずに残る危険がある  (AU15-06-ア)


■フロッピーディスク     分野:2-1-4
媒体は,1 M バイト程度のデータの保存用として使用され,軽量かつ低価格であり,媒体交換が容易であるという特徴をもつ  (SW13-22-ウ)

磁性体を塗布した薄いプラスチックの円盤に,磁化極性を変化させるだけで,データを記録する  (SW14-21-イ)


■プロトタイピング     分野:3-1-4
試作品の作り直しを繰り返すことによって,その効果を高めることができる  (SW15-44-イ)

ソフトウェアの設計が困難な部分を試作することによって,実現に必要な設計情報を得る  (SW13-47-エ)


■プロトタイプレビュー     分野:3-1-6
目的とするソフトウェアに対して画面の一部やサンプルプログラムを用意し,実際に動かしてレビューする  (SD15-16-ア)


■分散システムの設計     分野:2-3-1
データの分散配置を検討する際は,データの更新処理の実行場所を特定し,マスタデータの配置を決定することから始める  (SW13-35-イ)





このページのトップに戻る

Home>
用語集目次へ戻る>
用語集<は行> ふ

Copyright 2003. Zigen Workshop professional All Rights Reserved.
Tech-Taito bld.4F  6-17-2, Kameido, Koto-ku, Tokyo 136-0071
E-mail: zigen@cosmoconsulting.co.jp