当塾のご紹介
ビジョンとミッション
独特な名称
示現塾の由来
お問合せ
示現塾代表
企業研修担当者様
ご提供するサービス
メールマガジン
ワークショップ予定
ワークショップ申込
合格者名簿
用語集
書籍
コラム
当塾へのご連絡
IT資格ナビ
リンク
サイトマップ

当塾のご紹介

みなさまに当塾をご紹介します。


ビジョンとミッション


■ビジョン
示現塾は、研修を通じて、講師と受講者が向き合い、 切磋琢磨し、各自の力を研鑽する空間を創造します。


■ミッション
示現塾は、より多くの人々に学習の場を提供し、 学習する喜びを共有する仕組み作りに邁進します。

このページのトップに戻る


独特な名称


当塾では、以下の独特な名称を使っています。
ワークショップ
研修のことです。受講者とのやりとりを重視し、この名称になっています。
コーディネーター
講師のことです。講習内容を一方的に話すのではなく、 受講者と講座内容を共有するための調整役になります。
アクター
受講者のこと。主役であり、能動的に動いていただくので、「行動者」の意味です。 女性の受講者でもアクターと言います。受講者が主役であるとの意味も持たせています。

このページのトップに戻る


示現塾の由来

示現塾という名前は、「示現流」というある剣術の流派に由来があります。示現流は、東郷重位が京都の禅院天寧寺で善吉和尚から教えを受け、薩摩藩で広められた剣術です。

東郷重位は善吉和尚から、約半年間、示現流の教えを受けます。半年間という期間は、剣術を習うのには、とても短い時間であり、その限られた時間の中で、東郷重位と善吉和尚は、真正面から向き合い、お互いに剣術を伝承する努力をします。教える方も、教えられる方も、まさに真剣勝負でした。

半年後、東郷重位は、京都から薩摩藩に戻ります。東郷重位は、精進を続けます。善吉和尚の教えを反芻し、練習を繰り返します。朝に三千回、夕に八千回の立ち木打ちをしながら、技を磨き続けました。そして、自分が善吉和尚と同じ技の水準に達したと確信した時から、弟子を取り薩摩藩でのお家流になるまでの流派に育て上げました。

東郷重位は、弟子に教えるだけではなく、自分も死ぬまで研鑽を続け、一度とても自分に奢ることはありませんでした。

(興味のある方は、『薩南示現流』津本陽 文春文庫 をご参照ください。)

示現塾は、教える側と教えられる側が技を通じて、お互いに切磋琢磨する空間でありたいと考えています。

また、示現は、現在のままを示すという意味と、示現=自顕 自からを顕わす=自分の持てる力を顕在化する という意味も持っています。

注:と色々書きますとなんだか、怖そうな塾だと思われるかもしれません。 アクター(受講者)の中には、「講師は竹刀を持って講義をするのかと思った。」とおっしゃる方もいらっしゃいました(笑)。 決して、そのようなことはありません。怒鳴ったことは一度もありませんし、やさしく親切に講習を進めています。 上記は、“心意気”と思っていただければ、幸いです。

このページのトップに戻る


お問合せ

当塾へのお問合せは、下記の問合せフォームにてお願いします。
ご氏名
お問合せ内容
メールアドレス
 
注:全項目が、必須入力項目です。1週間以内にご回答を上記のメールアドレスに
   返信します。
   確認画面は、表示されません。よく確認してから、送信ボタンを押してください。
   もし、誤った内容を送信した場合は、その取消メールをこのフォームを使って
   再度、送信してください。

このページのトップに戻る


示現塾代表

金子則彦 (かねこのりひこ)
■経歴
関西大学 商学部商学科 卒業
1984年4月  監査法人中央会計事務所大阪事務所に入所
1985年6月  中央経営コンサルティング(株)及び中央クーパース
            アンドライブランドコンサルティングに転属
            (現:IBMビジネスコンサルティング→IBM)
1989年1月  中央新光監査法人システム監査部に転属
            (旧:みすず監査法人→現在は廃業)
1989年6月  同所を退所し、個人として開業
1990年9月  コスモコンサルティング株式会社 代表取締役
2000年9月  株式会社ITアシスト 代表取締役
2002年3月  株式会社MFI Japan 取締役 主席コンサルタント
2003年12月 示現塾設立 現在に至る

■講師としてのお約束
私は、講師として次のことを約束します。
 (1)アクター(受講者)を主役と位置付け、なごやかに講習を進めます。
 (2)言葉遣いに気をつけ、やさしく・丁寧に解説します。
 (3)できるだけ、楽しく学習できるように努めます。
 (4)雑談もたくさん入れ、学習テーマ以外の知識もお伝えします。
■資格
・公認会計士(登録番号:9264号) ・税理士(登録番号:63116号)
・第1種情報処理技術者 証書番号 11804606 (87-2-6)
・特種情報処理技術者  証書番号 2000977 (89-1-31)
・システム監査技術者  証書番号 41900128 (88-1-29)
・アプリケーションエンジニア  証書番号 C2600559 (95-1-30)
・システムアナリスト  証書番号 A2800166 (97-1-30)
・プロジェクトマネージャ  証書番号 P2900297 (H9-7-25)
・プロダクションエンジニア  証書番号 R300069 (H10-7-17)
・データベーススペシャリスト  証書番号 S3200665 (H12-6-30)
・ネットワークスペシャリスト  証書番号 D3201230 (H13-1-12)
・テクニカルエンジニア(システム管理)証書番号 SM-2003-04-00346 (H15-6-25)
・情報セキュリティアドミニストレータ 証書番号 SS-2003-10-00187 (H15-12-19)
・上級システムアドミニストータ  証書番号 SD-2004-10-00158 (H16-12-16)
・テクニカルエンジニア(ネットワーク)証書番号 NW-2005-10-00548 (H17-12-15)
・テクニカルエンジニア(情報セキュリティ) 証書番号 SV-2007-04-00075 (H19-6-11)
・情報セキュリティスペシャリスト 証書番号 SC-2010-10-01245(H22-12-20)
・データベーススペシャリスト  証書番号 DB-2011-04-01461(H23-8-15)
・システムアーキテクト  証書番号 SA-2012-10-00188(H24-12-21)
・ITストラテジスト 証書番号 ST-2013-10-00242(H25-12-20)
・ネットワークスペシャリスト 証書番号 NW-2014-10-00220(H26-12-19)
・CISA、Microsoft MCP Networking Essentials、UML(bronze)
・Oracle Master Gold(8i)、Linux Professional(level1)
注:資格マニアではありません。講師を長年やっているうちに、だんだんと増えていき、 結果的にこうなっただけです(笑)。最初から、狙っていたわけではありません。
■書籍
私が書いた書籍は、こちらです。

このページのトップに戻る

Home>
当塾のご紹介 

Home | 当塾のご紹介 | 企業研修担当者様 | ご提供するサービス | メールマガジン | ワークショップ予定 | ワークショップ申込 | 合格者名簿 | 用語集 | 書籍 | コラム | 当塾へのご連絡 | IT資格ナビ | リンク | サイトマップ

Copyright 2003-. Zigen Workshop professional All Rights Reserved.
Cosmo Consulting Co. Yamasho bld.7F 4-8-13, Iidabashi, Chiyoda-ku, Tokyo 〒102-0072